鎮川のご紹介

ご紹介及び沿革

鎮川郡のご紹介

我が郡は、高句麗時代には今勿奴郡、別名、萬弩郡、又は首知新知といわれ、新羅時代には黑壤郡と改め、その後には、黃壤郡と呼ばれました。高麗初期に至り降州とされた後、再び鎭州と改称されました。成宗時代には刺使を設置したが、穆宗に至ってこれを廃止し、顯宗時代には清州に属しました。

高宗時代になって彰義縣と改め、県令を置きました。元宗時代には義寧とされ、軍事を置いたが、朝鮮時代になって常山と改め、その後、鎮川監務と改められました。朝鮮太宗13年(1413)癸巳年に、鎮川に改められ、県監を置きました。その後、燕山君11年(1505)乙丑年に一時、京畿道に属したが、中宗初期に忠清道にもどり、高宗32年(1895)5月26日勅令98号に基づき、県監を廃止し、群守を置くこととなりました。

鎮川郡の沿革

1914年3月1日

部令第111号により、副郡廃合時、京畿道竹山郡の加尺里と東注里が本郡の 萬升面廣惠院面と實院里に編入され、同年3月9日に面の改称および区域変更時に14の面を、鎭川、徳山、草坪、文白、柏谷、梨月、萬升の7面に統合

1945年4月1日

朝鮮総督部令第9号に基づき、淸原郡北二面龍基里、龍山里、隱岩里、陳岩里など4里が、本郡の草坪面に編入。

1973年7月1日

鎮川面が鎮川邑に昇格し、1邑6面となりました。

1983年2月15日

鎮川郡条例第776号に基づき、徳山面上新里、梨月面松斗里、佳山里が鎮川邑に、徳山面 中石里が草坪面に、萬升面內村里、沙堂里が梨月面に編入され、現在に至ります。

2000年1月1日

鎮川郡条例第1676号に基づき、萬升面の名称が廣惠院面に変更されました。

鎮川郡の名称変更

  • 高句麗面 : 今勿奴郡
  • 統一新羅 : 黑壤郡
  • 高麗 : 鎭州
  • 朝鮮 : 鎮川県(群)
  • 大韓民国 : 鎮川郡
  • ChungBuk Nadri Tour KOREA TOURISM ORGANIZATION Imagine your Korea Tourism Investment KOREA IMMIGRATION SERVICE Ministry of Culture, Sports and Tourism
  • ChungBuk Nadri Tour KOREA TOURISM ORGANIZATION Imagine your Korea Tourism Investment KOREA IMMIGRATION SERVICE Ministry of Culture, Sports and Tourism